人間ドック

一般に生活習慣病といわれている病気、特に心臓病、高血圧、ガンなどは最近ますます若年化の傾向をみせ、30代になると立派な生活習慣病年齢になっていることは、すでにご承知のとおりです。ですから、30代に入ったら健康を維持し、快適に長生きをするために、長い間使ってきたからだを定期的に点検してみる必要があるのです。

なかには「人間ドックなんてどうも病人くさくて」という人もいますが、人間ドックは、健康に自信をもっている人が、あらためて健康であることを確認するためにあるのです。

わたくしたちの健保組合でも、指定医療機関において、人間ドックを用意し、その利用料の一部を補助しています。

補助対象者

受診当日満35歳以上の被保険者及び被扶養者である配偶者

 

※受診日の2週間前までに、下にある人間ドック申込み(外部リンク)より申込み(入力)がない場合は補助できません。

補助対象検診機関

補助額

健保組合は、年度1回(4月~3月)指定医療機関・指定コースの検査費用の内68,000円(税込)を超えない部分の8割を補助します。

利用方法

  1. 「お申込みから受診までの流れ」(PDF)をご一読ください。
  2. 「お申込手続きの詳細」(PDF)をご確認いただき、①希望日記入方式②直接予約方式のどちらで医療機関への予約を取るかを決定してください。
    ①の希望日記入方式(委託先経由で予約)を選択された方は3.「人間ドックの申込み」へお進みください。
    ②の直接方式(ご自身で直接医療機関に電話し予約)を選択された方は「電話予約ガイダンス」(PDF)に従い、医療機関への予約を完了した後、3.「人間ドックの申込み」へお進み頂き、予約が完了した旨を委託先に申請してください。
  3. 下にある「人間ドック申込み」をクリックし、トップ画面右下よりログインIDを取得し、示された手順に従い申込み手続を行ってください。サイト内で保険者番号を入力する際は下の人間ドック専用保険者番号の『65100000』をご入力ください。インターネット環境が利用できない方については健康保険組合(TEL03-6852-5150)にお問い合わせください。

婦人科検診との同時受診は可能ですが、人間ドック、婦人科検診を単独で同一年度内にそれぞれ別の日に受診することはできませんのでご留意ください。

(人間ドック受診時に婦人科検診を併せて受けられる場合の補助対象者については、婦人科検診のページを参照方)

受診日の2週間前までに下にある人間ドック申込み(外部リンク)より申込み(入力)がない場合は、補助できませんのでご注意ください。

申込み

人間ドック専用保険者番号 65100000

 

 

    各種検診に関するお問い合わせはLSIメディエンスへご連絡ください。
   (株)LSIメディエンス健康検診事業部 フリーダイヤル:0120-507-066