被扶養者になれる人の範囲

健康保険では、「主として被保険者の収入により生計を維持している」一定の範囲の扶養家族についても給付を行っています。この一定範囲の扶養家族のことを「被扶養者」と呼びます。

被扶養者になれる人は下図の通りですが、一定の要件を満たす必要があります。

被扶養者になれる人

(1)被保険者と同居していても別居していてもよい人(下図の赤枠内の人)
配偶者・子・孫・兄・姉、弟・妹・父母・祖父母などの被保険者の直系尊属
(2)被保険者と同居していることが条件になる人
(1)以外の3親等内の親族・内縁の配偶者・配偶者(内縁関係も含む)の父母・連れ子

被扶養者の範囲図

被扶養者の範囲図

数字は親等数を表わします。

1.認定するための要件

  1. 同居(同一世帯)の場合
    ・年収が130万円未満(108,334円未満/月)〔60歳以上の方または障がい者※注は年収180万円未満(150,000円未満/月)〕で、かつ被保険者(本人)の年収の2分の1未満であることが必要です。
    配偶者・子(18歳未満もしくは学生)以外の方の場合は、被保険者(本人)から扶養したい人に対する生計維持状況(生活費負担)を提出いただき審査いたします。生活費負担は45,000円/月(最低生活費)を上回ることが必要となります。

    同居でも世帯を分割している場合は、別居扱いといたします。

    ※注 厚生年金保険法による障害年金の受給要件に該当する程度のもの

  2. 別居の場合
    ・年収が130万円未満(108,334円未満/月)、60歳以上または障がい者※注は年収180万円未満(150,000円未満/月)であること。
    ・被保険者(本人)からの援助額(=送金額)より収入が少ないこと。ただし、収入と、援助額(=送金額)の合計額が65,000円/月(最低生活費)を上回ること。
    【収入+援助額(=送金額)≧65,000円】
    ・[被保険者(本人)の収入―援助額(=送金額)]が扶養したい人の[生活費(収入+送金額)]を上回っていること。
    上記3点を満たすことが必要となります。

    ただし、上記3点を満たしたとしても、生活実態において扶養と認め難い事象が判明した場合は、認定基準外とする場合もあります。

    また、配偶者・子(18歳未満もしくは学生)以外の方の場合は、被保険者(本人)から扶養したい人に対する生計維持状況(生活費負担)を提出いただき審査いたします。
    なお、被保険者(本人)から扶養したい人への送金は、手渡しは認められません。送金内容が確認できる銀行振込・現金書留の控え、被扶養者の住居の家賃や光熱費・通信費などを被保険者の口座から振替しているなど第三者の証明(送金証明)が必要となります。

    ▶単身赴任等、事業主の命令により、同居から別居となった場合は同居扱いとし、送金証明書が不要となります。(事業主による証明が必要です。)

    ※注 厚生年金保険法による障害年金の受給要件に該当する程度のもの

  3. 共働きの被保険者が子を扶養する場合
    ・最新の所得証明書※注で被保険者(本人)の収入が配偶者の収入を上回っていることが必要です。なお、1年を超える育児休業等を取得し、今後の収入が逆転すると予想される場合には、その事実を優先し、扶養認定の判断を行います。

    ※注 所得証明書に給与以外の収入がある場合は、確定申告内訳書等追加書類を提出して頂く場合があります。

2.認定基準を満たさないケース

別居・同居にかかわらず以下の方については被扶養者になれません。

  • 後期高齢者医療制度の対象者(75歳以上)の方
  • 日本国籍を有しない方(配偶者・子除く)のうち在留期間が1年経過していない方
  • 他の医療保険【他健康保険組合(協会けんぽ含む)、共済組合等】制度に加入している方
  • 年間収入が原則として被保険者の年間収入の2分の1以上ある方

上記及び提出いただいた書類により生計維持の確認をし、個々の具体的事情に照らし健康保険組合が認定を行います。被扶養者届、及び関係書類である扶養状況届等については、現状実態を正確に反映し、詳細に記入くださいますようお願いします。また、必要添付書類については『申請書類一覧(詳細版)』に明示しております。もれのなきよう揃え、確実にご提出くださいますよう併せてお願いします。

申請書類はこちら

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。(裏紙不可)

プリントアウト後、必ず記名・捺印の上提出してください。

書類は、各事業所の健康保険担当窓口に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。